永代供養墓「和(なごみ)」
特別な32区画限定 個別式の永代供養墓のご提供です

「最初から他の人と一緒に埋葬される合祀墓には抵抗があるけれど、子や孫に維持管理の負担をかけたくない。」

「埋葬の人数は限られているので、大きなお墓は要らない。」

などのご希望を形にした、個別式の永代供養墓「和(なごみ)」が完成しました。

お一人様からご夫婦、ご家族専用(最大4霊位まで)の、個別の納骨室(石棺)にお収めする様式の永代供養墓です。

永代供養墓「和(なごみ)」の特長

特別に32区画に限ったご提供です。

個別の墓石をご用意しています。墓石には故人様のお名前を刻字頂けます。

お墓の正面中央の2箇所には、香炉と花立が設置され、いつでもご自由にお参り頂けます。

個別式のため、お参りする縁者が個別の区画の前で手を合わせ、故人と向かい合える機会を損ないません。

1区画に1霊位から4霊位まで納骨できます。お一人様、ご夫婦、ご家族、ご友人同士の単位でお求め頂けます。

合葬合祀(他の方々とご一緒に納骨する)ではなく、個人やご夫婦、ご家族のみでお墓に入れます。ご契約日から50年間の個別埋葬の後、合葬致します。

お墓の維持管理は霊園に託して頂けますので、子や孫への負担の心配はありません。

費用は全て先にお納め頂き、ご契約以後の維持費は一切ございません。

個別に安置されているため、合葬前であれば、施主からのご希望によりご遺骨の返骨や分骨が可能です。

宗教・宗派問わず、どなた様でもご利用頂けます。

お墓の移転・改葬などの受入墓所としてもご利用頂けます。

価格

永代供養墓「和(なごみ)」使用料 77万円より

(管理費50年分を含む)

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

お電話での資料請求 0120-274-114

 

霊園ご見学  資料請求



千葉 霊園 杜の郷霊園 お墓にまつわるコラム

神式の納骨・追悼儀礼

神式の追悼儀礼

神式の追悼儀礼には、霊祭(れいさい)と式年祭(しきねんさい)の2つがあります。

霊祭は、葬儀の翌日の「翌日祭」、その後十日ごとに「十日祭」「二十日祭」「三十日祭」「四十日祭」「五十日祭」「百日祭」を行います。中でも、「五十日祭」には、神職、親戚、友人などを招いて執り行われ、この比で忌明けとなります。

式年祭は「一年祭」「三年祭」「五年祭」「十年祭」と続き、その後は10年ごとに「百年祭」まで執り行われます。

神式のお墓参り

霊祭や式年祭の際にお墓参りをします。また、仏教と同じく、お彼岸やお盆にもお参りをします。

墓前では、「二排、二拍手、一排」の拝礼を行います。また、霊祭でお墓参りをする場合には、玉串奉奠(たまぐしほうてん)も行います。

神式の埋葬祭

神式では、霊祭の「五十日祭」に納骨することが一般的です。

お墓の周りにしめ縄を張り巡らせ、祭壇をつくって、榊や花を供えます。神職が穢れを祓い清める「修祓」を行い、餞(食べ物)を供え、祭詞を奏上したあと、遺族、参列者の順に玉串奉奠を行います。

キリスト教式の納骨・追悼儀礼

キリスト教の追悼儀礼

キリスト教では、特に決まった追悼儀礼はありません。

カトリックでは、月命日や年の命日に命日祭を行うことがあります。プロテスタントでは、故人の命日を「召天記念日」と呼び、1ヶ月目や1年目に記念会を行うことがあります。また、11月の第1日曜日には永眠者記念礼拝が行われます。

キリスト教のお墓参り

キリスト教では、故人の命日やイースターにお墓参りを行うことが多く、賛美歌の唱和、聖書の朗読、墓前の祈り、献花などが行われます。礼拝方法には特別な決まりはありませんが、一般に、胸の前で両手の指を組み合わせます。

キリスト教の埋葬祭

キリスト教では、月命日や1年目の命日などに、故人と親しかった方々を招いて納骨します。

埋葬式では、神父あるいは牧師の祈りのあと、聖歌を歌い、聖書の朗読、ふたたび聖歌を歌い、納骨を行います。式のあとは軽い軽食をすることが一般的です。