お問い合わせ

 

 

お電話での資料請求 0120-274-114

 

霊園ご見学  資料請求



千葉 霊園 杜の郷霊園 お墓にまつわるコラム

歴史上の人物や著名人の墓を巡る墓マイラ―

墓マイラ―とは、歴史上の人物や著名人の墓を詣で、お参りをする人々のことをいいます。

昔は「掃苔家」と呼ばれましたが、現在は「歴女」などのブームとともに「墓マイラ―」と呼ばれてます。「名所旧跡を回りながら、その途中でゆかりの人物が眠る墓にお参りする」という方々が多いようです。

現在は、ガイド本なども発売されている一方で、お墓の所有者(継承者)が、所在地を公開されることに難色を示すこともあり、お墓を詣でる場合も、(1)騒がない、(2)汚さない、(3)荒らさない、はもちろん、敬意を持ってお参りする心がけが大切になります。

千葉にある有名人のお墓

歴史上の有名人のお墓を訪ねる人たち『墓マイラー』ブーム。ここでは、千葉県で著名人たちのお墓が集中している八柱霊園の歴史上の人物をご紹介します。

千葉県松戸市にある八柱霊園は、東京都立の霊園で、唯一、都の領域外にある都立の霊園墓地になってます。

過去に、爆発的人口増加により東京が深刻な墓地不足に陥ったため、当時の東京市が東方墓地として1935年に開設したのが始まりです。現在も、東京都営霊園として運営されています。

歴史上の人物

嘉納治五郎

柔道の創始者として有名で、現在の灘中学校・灘高等学校の設立にも関わる教育者でもありました。日本人初のIOC(国際オリンピック委員会)委員で、スポーツ界の発展にも貢献しました。

西條八十

詩人としても有名ですが、今も歌い継がれる、「青い山脈」、「東京行進曲」、「王将」など、数多くの歌謡曲、「肩たたき」、「ズイズイズッコロ橋」など、誰もが知っている童謡の作詞家でもありました。

土門拳

リアリズム写真を確立した写真界の巨匠で、世界的な日本人写真家。報道写真、寺院、仏像などの伝統文化財、人物のポートレートやスナップなど幅広く撮影。昭和の時代の瞬間を切り取り、多くの作品を残しました。